建築系の仕事/野村不動産における建築系学科出身者の役割とは?建築系の仕事/野村不動産における建築系学科出身者の役割とは?

野村不動産では、建築系学科出身者を積極的に採用しています。それは、事業主体者として、社会・人にとって新たな価値を創造する建築物を提案していくべきだと考えているからです。ユーザーの要望に応えていくことはもちろん、自らのビジョン・アイディアを元に、より高いレベルでの価値を追求し、新しい街や建物をつくることができる仕事です。

主な仕事内容

設計・監理 一級建築士事務所として主に自社開発のオフィスビル、商業施設等の設計・監理を行います。用地取得の段階から、候補地の形状や広さ、立地などをもとにボリューム検討やコンセプト立案に携わります。用地取得後は、基本設計・実施設計・着工後の監理、さらに竣工後のバリューアップなど広範囲にわたり担当します。
プロジェクト
マネジメント
事業主として主体性を持って、事業コンセプトから具体的な計画、最後の引き渡しまで、一貫して事業に携わります。関係各社からなるチームをたばねながら自分のアイディアを街づくり・建物づくりとして具現化する喜びが味わえる点が醍醐味です。
商品開発・
品質管理など

商品開発

時代の変化や社会のニーズを先読みし、野村不動産オリジナルの仕様や仕組みを研究・開発していく仕事です。

品質管理

開発中の建造物の品質を確保するため法令や社内規定に準拠しているかをチェックしていく業務です。