Dialogue 02/なぜ、野村不動産では若いうちからプロジェクトを推進することができるのか?

2013年入社/事業推進一部 樽谷幸頼/ビルディング営業部 青木千紘/住宅営業三部 長谷亮平

不動産の仕事に正解はない。だからこそ、若いうちから責任をもって、自分で考えて、自分で行動することが求められる。

社歴や年齢を問わず大きな仕事を任せるという点は、野村不動産の大きな特徴と言われている。だからこそ、現場に近い社員からのボトムアップが尊重される社風であり、各社員には、自分自身で戦略をもって考えて動くことが求められる。では、仕事を任された若手社員たちは、どのように感じ、どのように対処してきたのだろうか。それぞれの部署で責任ある仕事を任されている、入社4年目の同期の3人が語り合った。
※取材当時

不動産の仕事にマニュアルはない。任された仕事をどうするかは、自分で決める。

  • 樽谷
    久しぶりだね。今は、どんなことをしているの?
  • 長谷
    以前は分譲マンションを担当していたけれど、今は戸建住宅の営業の部署にいて、現場の責任者を担当しています。
  • 青木
    私はオフィスビルのリーシング業務をしていて、現在は新築オフィス2物件のリーダーを任されていますね。
  • 樽谷
    僕の場合は、事業推進部で用地の取得からお客様への引渡しに至る業務に携わっているが、商品企画、設計業務、コスト・スケジュール・リスク管理などなど、業務は多岐にわたり、決断しなければならない場面は非常に多いですね。まずは担当として、業務に携わらないとわからないことも多く、若手でも多くの業務を任されています。ただ、専門知識も必要なので、すぐに1人で業務をすることはなく、先輩に教えてもらいながら、日々いろいろと試行錯誤しているような状態。
  • 青木
    たぶんみんなの仕事もそうだと思うけれど、不動産の仕事ってマニュアルがないから、ひとつひとつに対して、すべて自分で考えてやらなければダメですよね。
  • 長谷
    そうそう。だから、やることがある程度決まっている中で若手に任せたということではなく、本当に毎回、その物件にあった戦略を立てて行動しなければならない。責任は重大ですね。

1年目の自分に、任せていいの? 不安と驚きのなかで、無我夢中に取り組んだ。

  • 長谷
    入社して1年目の冬。チーフから「この現場ではほとんどの業務をお前に任せる」と言われて、驚きましたね。中規模のマンションだったのですが、無我夢中でしたね。もちろんやりがいはありますが、不安やプレッシャーも大きかったですね。
  • 樽谷
    僕の場合、事業推進に配属される前に、カスタマーサービス部というお客様からのご意見等を伺う部署に配属されて、1年目で、500戸くらいのマンションの担当になったんです。私のような1年目が担当して大丈夫かと思いましたね。対応を間違えると大きな信頼を失う可能性もありますし。
  • 青木
    入社1年目はオフィスの既存物件を扱っていたのですが、8月に「すべて一人でやってみろ」と物件を1つ任されて、1年目が終わる頃にはそれが5,6物件に増えていたんです。プレッシャ―はなかったですね。
  • 長谷
    あの頃は、無我夢中でやってましたが、今思えば、任せる方も大変だよね。
  • 樽谷
    あまり口をはさまずに見ているのも、我慢がいると思う。
  • 青木
    「やってみろ」の後に、「何かあったら俺が責任持つから」みたいな度量は感じましたね。

「自分で考えろ」「お前はどうしたい?」上司のことばが、働き方を築いてくれた。

  • 樽谷
    上司や先輩からはどんな影響をうけた?
  • 長谷
    1年目の時のインストラクターに、毎日叱られていました。そして僕が3年目になって、後輩ができ、教える立場になった時、その先輩から、後輩にどんなに厳しくしても愛を持って接しろと言われたんです。僕も現場で責任を任されるようになって、余裕がなかった。厳しく感情が前面にでて怒っていただけかもしれない。そんな時に言ってくれて、後輩のことを考えて叱ったほうが、結果的にも上手くいきましたね。
  • 樽谷
    事業推進の場合は、商品企画も踏まえどんな建物のデザインにするかは、社内にオーソライズを取らなければならないので、多くの人に見せますね。すると、いろんなアドバイスが返ってきます。いろいろと悩んだ上で、アドバイスをもらうとやはり気付かされる面はたくさんあります。
  • 青木
    入社当時の先輩が、「自分で考えてみろ」「お前はどうしたい?」を繰り返し問うてくる方だったのです。「もっと考えてみろ」と。自分では考えたつもりでも、「もっと考えてみろ」と。そのおかげで、とことん考えて行動する習慣が身についたと思います。
  • 長谷
    「自分で考えてみろ」「お前はどうしたい?」は、僕もよく言われたなぁ。
  • 樽谷
    確かに。相談する時でも「どうしたらいいですか」ではなく、自分で考え、考えた結果を持って、相談するようにしていますね。

早く成長したいと思う人は、野村不動産が合っている。

  • 長谷
    自分が成長しているのは、間違いなく感じます。
  • 青木
    同業他社で同じような立場の人でも、ここまで若い人を見たことはほとんどないですね。
  • 樽谷
    仕事をたくさんやっても、慣れて惰性になることはない。不動産は、物件が異なれば課題も違うし、取り組み方も違ってくるから。そこが面白いところだと思う。
  • 長谷
    上司が現場について聞いてくることはよくある。なにが評判いいのか、どんなお客様が多いのか。自分たちも経験してきたからこそ、現場の肌感覚を重視してくれていますね。
  • 青木
    だから、現場に出ている私たちが意見を言いやすい雰囲気はあります。ボトムアップの社風が根付いていますね。
  • 長谷
    逆に、自分の考えを持っていないと、何をしていいのかわからなくなってしまうこともある。
  • 樽谷
    毎回新しい課題に対して挑んでいくので正解というものがなく、だからこそ、自分で考えて、考えたことをどう実現させていくのかということが大事になってくる。
  • 青木
    その習慣を早く身に着けさせるために、若手にもどんどん任せているのかもしれませんね。
  • 長谷
    若手のうちから責任のある仕事をして成長したいと思っている人は、うちがあっていると思う。
Episode01 なぜ、野村不動産は社会のニーズにこたえることを最優先とするのか?
Episode03 なぜ、野村不動産は新しいことに挑戦するDNAを持っているのか?